平成28年度 事業報告
一般社団法人 愛知県指定自動車教習所協会

 当協会は、平成28年度事業計画に基づき、総会、理事会、設置者・管理者合同会及び各専門委員会、講師会などの活動を通じて各種活動を積極的に推進し、所期の目的を達成した。
 その概要は、次のとおりである。
第1 各種会議の開催
第4回通常総会、理事会4回、設置者・管理者合同会1回、各専門委員会3回、講師会2回開催した。
第2 事業の実施状況
1 各種広報活動の推進
(1)
(2)
(3)
指定自動車教習所に関する広報(広報月間を含む)の推進
地域の交通安全教育センターとして積極的な活動の推進
教習所一日開放の効果的な実施
2 交通安全思想の普及
(1)
(2)
(3)
安全教育活動の推進
運転教育に関するセミナー等への参画
交通安全教育機関・団体との連携
3 教習所運営の合理化、能率化方策の推進
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
人事管理等に関する調査研究
労働関係法令に関する調査及び研究会の開催
教習生、高齢者等にやさしい教習施設等の整備
経営管理、視察研修会の実施
教習業務IT化の推進
4 業務管理体制の強化
(1)
(2)
(3)
教習所施設の適正な管理
窓口業務の充実と良好な応接
教習業務における各種不適正事案の防止
5 職員の士気高揚方策の推進
職員に対する各種表彰の実施
6 一般社団法人としての適正な運営
(1)
(2)
(3)
(4)
公益事業の積極的な推進
交通遺児育英事業への参画
東海地震等大規模災害発生時における地域活動への対応
適正なお客様対応と苦情処理の適正化
7 自動車学校会館の効果的な運用及び維持管理
8 自動車教習所職員の教養訓練の実施
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
学科・技能一体教習の効果的な推進
学科・技能教習水準向上方策の研究
教習資器材の整備充実と効果的な活用
資格者養成講習の充実
職員法定講習の充実による教習水準の維持向上
講師会の充実と効果的な運用
明るい窓口事務とさわやか接遇の推進
9 高齢者講習における講習予備検査・講習等の適切な運用
10 公正競争規約(表示規約・景品規約)への適正な対応
11 消費者契約法への適正な対応
12 消費税率の転嫁及び表示の方法の決定に係る共同行為に関する取決めへの適正な対応
13 個人情報保護法に関する適正な対応

戻 る